ロクな写真が撮れなかったころは、まずは世に出ている先輩方の写真を真似しようとした。とはいえ、真似することすらできなかった。だから、真似どころではなく、まずは「普通の写真を撮れるようになる」という、僕はそんな低レベルなところからスタートした。今から20数年前のフィルムの時代。印刷用に使用していたリバーサルフィルムは適正露光でないと結果はオーバー、アンダーになる繊細なフィルム。マニュアル撮影をマスターしなければ意味がないと思っていたので、恐ろしいほどの失敗と時間を費やした。そんな時間が膨大に流れて 完全に露出をマスターするのに4年も掛かってしまった。この頃には、ようやく「普通の写真」は撮れ始めていた。

When I couldn’t get a cool photo, I first tried to copy the photos of seniors in the world. However, I could not even imitate. So, rather than imitating, I started from such a low-level place, “I will be able to take ordinary photos.” The age of film twenty years ago. A reversal film used for printing is a delicate film that results in over or under unless it is properly exposed. As I thought it would be meaningless to master manual shooting, I spent a horrible failure and time. Such time has flowed so much that it took four years to master the exposure completely. By this time, it was finally possible to take “normal photos”.

ナイトゲームでは、何か光源があれば必ず利用する。LEDのヘッドライトだけを利用しての撮影もライトゲームが流行りだした時、小さな魚を強調するために10数年前に生み出したオリジナルの撮影法。さらに、大胆に魚体をカットすることでサイズ感を増す効果がある。このフレーミング、傾き、逆光の当て具合、被写体との距離が僕の写真の揺るがないクセとなって表現されている。In the night game, if there is any light source, it is always used. When the light game became popular after taking pictures using only the LED headlights, the original method of photography created 10 years ago to emphasize small fish. Furthermore, there is an effect of increasing the sense of size by boldly cutting the fish. This framing, inclination, lighting condition of the back light, the distance to the subject are expressed as an unnatural shake of my picture.

 

 僕が求めた「いい写真」に理想はなかった。でも、見て瞬時に「うわっ!」と思える写真が「いい写真」だと、これまで見たことのないシーンをファインダーに探し求めた。とにかく、世にある先輩たちの写真とは違うシーンを探し求めた。そして、さらに膨大な時間が流れ独自の色が出始めたのは10年ほど経ってからだと思う。それは、いろんな方からクレジットを見なくても僕の写真だと言うことが分かる、と言われるようになったこともそうだが、何より自分のクセが出始めた感じだった。とにかく撮りたいものだけ撮る、というスタイルで偏ることが大事だと思った。すると、結果的にこれまで(僕は)見たことのない僕独自の写真が何点もできあがっていた。しかも、面白いことに、いつ撮っても機械のように精度の高いフレーミング。好きなレンズ、好きなシャッター速度と絞り、光との角度。そして、各レンズと被写体との距離感が体に染み付いてしまった。

There was no ideal for the “good photos” I asked for. However, if the photo that looked like “Wow!” Was a “good photo” in an instant, I searched the finder for a scene I had never seen before. Anyway, I searched for a different scene from the photographs of the seniors in the world. And I think that it is after about 10 years that a huge amount of time has passed and a unique color has begun to appear. It seems that you can tell that it is my photo even if you don’t look at the credits from many people, but it seems like your own habit has begun to appear above all. I thought it was important to be biased in the style of taking only what I wanted to take. Then, as a result, I had made several unique photos I have never seen before. What’s more, it is interesting that the framing is as accurate as the machine at any time. Favorite lens, favorite shutter speed and aperture, angle with light. And, the sense of distance between each lens and the subject has infiltrated the body.


僕のオリジナルであるバックショットは、18年ほど前にシーバスのナイトゲームで初めて撮影し誌面に1Pを使って掲載し大きな反響を得た。このカットも同様にシーバスのナイトゲームでのカット。真っ暗闇での撮影で「興奮」を求めた結果のカット。ある程度のサイズと分厚さのある魚やアオリイカに適してたアングルだ。My original shot, the back shot, was taken about 18 years ago for the first time in a night game of Seabass and was published using 1P on the magazine side, and got a big response. This cut is also cut in the night game of sea bass. A result cut that asked for “excitement” in shooting in the dark. This angle is suitable for fish and fish with a certain size and thickness.

超広角レンズを使用した超ローアングルフリーハンド撮影。超広角レンズによる水平線を20度傾けた魚持ちカットと尾びれをカットする魚持ちカット。ヘッドライトを逆光でヒレだけ透過させシルエットを見せるカット。さらに、魚体をカットするカット。フックを外すシーンをクライマックスとするカット。そして、バックショットのローアングル(魚を移動させる際のアングラーの後ろ姿)。ネットから魚を取り込むカットなど。これら、僕独自のカットはほとんどが広角レンズによる接近戦がほとんどだ。理由は自由度の高さ。そのチャンスの多さからオリジナリティーは生まれた。望遠レンズでの撮影も大好きだが、被写体と距離があり自由度は極めて低い。シャッターチャンスを浮き彫りにできる望遠レンズの唯一のデメリットでもある。

Ultra low angle freehand shooting using an ultra wide angle lens. A fish holding cut with a horizontal angle of 20 degrees by a super wide-angle lens and a fish holding cut to cut the tail fin. The headlights are backlit and only the fins are transmitted to show the silhouette. In addition, cut to cut the fish body. The cut which makes the scene which removes a hook a climax. And, back-shot low angle (the back of the angler when moving the fish). Such as cuts that take fish from the net. Most of these unique cuts are mostly close combat with wide-angle lenses. The reason is the height of freedom. Originality was born from the many opportunities. I also like shooting with a telephoto lens, but there is a distance to the subject and the degree of freedom is extremely low. It is also the only disadvantage of a telephoto lens that can reveal the shutter opportunity.

これまで魚を釣って終わり、というフックを外すシーンなど見たことがなかったが、僕はあらゆるカテゴリーの釣りの”既に終わっているはず”の、この瞬間に注目し息を吹き込んだ。斬新でありオリジナリティーが高かいため、未だに、このシーンが表紙に選ばれるケースが多々ある。この写真も『ロッド&リール』誌の表紙を飾った。I’ve never seen a fish-fish-stopping scene so far, but I’ve breathed attention at this moment of “everything should have been done” in all categories of fishing. Because of its novelty and high originality, there are still many cases where this scene is selected as the cover. I decorated the cover of “Rod & Reel” magazine of this photo.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です