撮影現場へは、できるだけ少なく軽い荷物で向かいたい。それは安全のため。基本的に危険な場所での撮影が多いため。ポイントへ向かう道中も撮影するスポットも危険が伴うため、せめて片手は空けておきたい。だから、ナイトゲームであっても危険度の高い場所での撮影には三脚は持ってかない。光量がなくなるギリギリまでストロボを使わないのと同様に、それが僕のスタイルとなっている。

I want to go to the shooting site with as little weight as possible. It’s for safety. Basically, there are many shootings in dangerous places. I also want to leave at least one hand on the way to the point, as there are also dangers in shooting spots. So even if it is a night game, I do not have a tripod for shooting in high risk areas. It’s my style just as I did not use the strobe until the last moment the light went out.

長年愛用しているジッツォのオーシャンシステマティックカーボン三脚。現場へ持ち込める時は、この三脚をメインに使っている。これまで、いろいろな三脚を使ってきましたが、海で使用するため少しメンテナンスを怠ると潮や砂がすべてのネジ穴に噛んで最悪、固着してしまう。でも、このモデルはまさに僕が撮影するハードな環境に耐えうる仕様。軽量で腐食はもちろん潮や砂噛みのトラブルレスという逸品だ。 Gizzo’s Ocean Systematic Carbon Tripod, which has been in use for many years. I use this tripod mainly when I can bring it to the scene. So far, various tripods have been used, but if maintenance is not a little for use in the sea, tides and sand bite into all screw holes and in the worst case, they stick. But this model is a specification that can endure the hard environment that I shoot. It is a lightweight, corrosion-free, and of course no trouble with tides and sand bites.

軽量でコンパクトなジッツオの三脚を持ち込むこともあるが、持ち込めないケースも多々ある。そんな時は手持ちで長時間露光を行う。長時間といっても限界がある。僕の限界は4秒。寝不足や疲れ、さらに風が強い時は2秒と短くなる。呼吸を止めて4、5カット連続撮影することも秘訣。ブラさないようにするには、当然、カメラを動かさないようにすることだ。カメラを固定するためには、しゃがんだ方がいい。そしてボディーを支える左手を一脚代わりに固定して、さらにファインダーを覗く際のアイキャップを眉毛辺りに押し付け固定する。そして、息を止める。それでもシャッターを開ける時間が長いほどブレは生じる。そこで、最高のコツとしてはファインダーをのぞいている目を内側へ向けることだ。当然、露光しているとき一眼レフカメラの特性上、ミラーアップするため露光中、ファインダーは暗くなる。でも、この露光中も眼球を内側へ向けるだけで驚くほど体が安定する。私は、いつもこの方法で成功している。

Sometimes I bring in a lightweight, compact Gitzo tripod, but there are many cases that I can not bring in. In such a case, perform long-time exposure with your hand. Even if it is long, there is a limit. My limit is 4 seconds. Lack of sleep, tiredness, and windy time will be as short as 2 seconds. It is also a secret to stop breathing and take a series of four or five shots. Of course, in order not to take a swayed image, one should not move the camera. It is better to crouch to fix the camera. Then, the left hand supporting the body is fixed instead of one, and the eye cap when looking through the finder is pressed against the eyebrows and fixed. And I hold my breath. However, the longer the shutter is open, the more blurring occurs. So the best tip is to turn the eyes looking into the viewfinder inward. Of course, due to the characteristics of the single-lens reflex camera during exposure, the finder becomes dark during exposure because the mirror is up. However, even during this exposure, simply turning the eye inward makes the body surprisingly stable. I am always successful in this way. ■

手持ちで4秒で撮影したもの。風が止むタイミングで連続してシャッターを押して成功した1枚。連写性能はスローシャッターでこそ力を発揮する。1、2回目の呼吸が苦しくない体が安定したタイミングでの成功率が高い。疲れている時の成功率は低くなる。Photographed in four seconds with the hand. One piece succeeded by pressing the shutter continuously at the timing when the wind stops. Continuous shooting performance is demonstrated with a slow shutter. Success rate is high at the timing when the body does not suffer from first and second breath. When tired, the success rate is low.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です