「流行りもの」と「根強い人気のもの」、「潜在的にやりたいもの」「なかなか流行らないもの」……。月刊誌という短いスパンのものは、どうしても今現在、流行っているものを追う傾向が強い。広告も連動しているから、仕方のないこと。ファッション雑誌のように「これが流行る」なんてことは、なかなかできない……やらせてもらえない。理由は簡単で、それに追従するプロダクトがないから、広告も打てないから、という消極的なものだ。日本の釣りは世界最先端ではあるが、どうも大きな一歩を踏み出すことができないでいる。 

 ”Fashionable things” and “permanently popular things”, “something you want to do potentially”, and “something that doesn’t seem easy to do”. The short span of monthly magazines tends to follow what is popular now. Since advertisements are also linked, there is no choice. You can’t easily do something like “this is in vogue” like a fashion magazine … The reason is simple: there are no products to follow it, so no adverts. Japan’s fishing is at the forefront of the world, but it can not be taken a big step.

つまり、「流行ってから」という事後報告が当たり前。メディアから提案するというケースはマイノリティーだ。ごく稀に新しい何かを提案してくれる人がいるが、稀であるため、全体の底上げにはならない。それは、メディアに大きな責任があると感じている。ちなみに新しいプロダクトは頻繁にリリースされるが、重要なのは新しいメソッドの方だ。

In other words, it is natural that the ex post facto report “After the epidemic”. The case of proposing from the media is a minority. There are very few people who suggest something new, but because it is rare, it does not raise the whole. I feel that the media has a big responsibility. By the way, new products are released frequently, but what is important is the new methods.

提案する側には、当然責任があって、ある程度、成熟してから公開に至る。僕たちは、その段階から見つめて結果がどうであれ本番という撮影にトライする。公開するタイミングは重要ではあるが、それらはすべて導かれるような自然の流れに任せている。数多くあるカテゴリーの中で、特に僕が注目しているのはシーバスゲームだ。一時、流行り人気カテゴリーに入ったが、定着し安定して長い時間が過ぎた感じ。そう、思ったほど盛り上がりに欠けるわけだ。理由は2つあると考えている。ひとつはシーバスを釣ることが難しいというイメージの定着。もうひとつはメディアの扱いが少ないことだ。簡単に釣れない時の方が確かに多いが、難しく説明するアングラーが多いことが原因でもある。そして、盛り上がりがなくなるとメディアは一気に引いてしまうところだ。根強く支持しないのだ。

The proposing party is, of course, responsible and, to a certain extent, mature before reaching public. We stare from that stage and try to shoot the production no matter what the outcome. The timing of release is important, but they are all left to the natural flow of guidance. Among the many categories, I’m focusing on the sea bass game. Temporarily, it has entered the popular and popular category, but it feels that it has been established and stable for a long time. Yes, it’s not as exciting as it sounds. I think that there are two reasons. One is the establishment of the image that it is difficult to catch sea bass. The other is the lack of media handling. It is true that there are many times when you can not catch easily, but it is also because there are many anglers to explain difficult. And if the excitement ceases, the media will pull at a stretch. I do not support deeply.

昔から裏の仕事であるカメラマンに憧れて、この世界へ入ることができた。裏側でどう撮影しているのかというメイキングは特に興味がある。制作者の裏側を公開することも課題のひとつ。この業界のことをもっと公開して、もっと興味を持ってもらうことで世界は格段に変わるはずだ。I was able to enter this world, admired by the photographer who has always been the back work. I’m particularly interested in how I’m shooting on the other side. It is one of the issues to show the back of the creator. The world should be changed dramatically by making the industry more open and interested.

僕たち制作者側も含めアングラーたちも成熟し、明らかに新しい風が吹いていない。これまで、新しいメソッドをいくつも提案してきたが、結局はどれもピンポイント。一企画、数ページなんて一瞬で記憶から消されてしまうし1冊面白い本が出たとしても、1冊のパワーなんて知れている。やはり定着するまで継続しないと、何も残らない。そんな動きをすることが一番、重要だと思う。

The anglers, including our producers, are also mature and obviously new winds are not blowing. So far, I have proposed a number of new methods, but in the end all are pinpoint. One plan, several pages disappear from the memory in a moment, and even if one interesting book comes out, one power is known. After all, nothing will be left until it becomes established. I think it is most important to do such a move.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です