僕は釣りを専門に撮影しているので、周年、淡水海水問わず「釣り」という名の付くすべてのジャンルを撮影します。出版社からお仕事のお話をいただいて段取りからすべて基本的に1人でやります。時にライターさんと組んで取材を行ったり、動画チームと合同で行うケースもあります。「1人アシスタントがいてくれれば」と思うケースもあります。例えば、機材が多い時や雨など条件の悪い時です。とは言え、手を借りたいのは少しの時間だけで、あとは被写体となる釣り人と1対1が理想です。理由は、僕の撮影スタイルにあります。

Since I am photographing fishing professionally, I shoot all genres named “Fishing” regardless of freshwater seawater anniversary. I will do it basically by one person from the set-up after receiving the story of work from the publisher. Sometimes we are interviewing with a writer and doing joint work with a video team. There are cases where I think that “If one assistant is present”. For example, when there are a lot of equipment and when conditions such as rain are bad. However, it is only a little time to borrow a hand, the other one is the one who is the subject and the one who is the subject. The reason is in my shooting style.

 常に撮りたいカットを決めてポジショニングして撮影に臨んでいます。カメラは2台。撮りたいカットはいくつもありますが、当然、シャッターを押せるのは1台だけです。そのため、撮りたいカットの優先順位をつけて素早く2台をローテーションさせます。そのローテーションの中で僕の得意技のひとつとして多用しているフリーハンドの撮影方法があります。超広角レンズを使ってノーファインダーで撮影するテクニックです。これを撮影する時、僕は釣り人を回り込みながら撮影します。

I always decide the cut I want to take and position it and I am in shooting. Two cameras. There are several cuts that I want to take, but of course, I can only press one shutter. Therefore, we prioritize the cuts you want to take and quickly rotate the two. There is a freehand shooting method that is heavily used as one of my good skills in that rotation. It is a technique to shoot with a no viewfinder using a super wide-angle lens. When shooting this, I will shoot around the angler.

フリーハンドで撮影するのは何も魚が釣れた時ばかりではない。超ローアングル、超ハイアングルが欲しい時に行う。ロッドがあるため360度は無理だが330度が回り込める。とは言え、基本的にはここでも逆光しか狙っていない。Shooting with freehand is nothing but fish caught. Super low angle, super high angle when you want it. Because there is a rod, 360 degrees is impossible but 330 degrees can turn around. However, basically it is also aimed only at backlight here.
ボートでの撮影ではかなり環境が制限されるため、フリーハンドは欠かせないメソッド。このメソッドにより僕の写真を通して、これまで観たことのないシャッターチャンス、アングルを多くの人々に観せることができたと自負している。Free shooting is an indispensable method because the environment is quite restricted in boat shooting. Through this picture of this method, I am proud that I was able to show many people the shutter opportunities and angles I have never seen before.

その時に僕と釣り人以外に周りに人がいると、必ず映り込むのです。僕の動きに合わせて写真に写りこまないように逃げようと努力してくれますが、僕が動かすカメラのスピードの速さから逃げ切ることは水にでも飛び込まない限り不可能なので、必ず写り込んでしまいます。当然、そのカットはボツです。だから1人がいいわけです。どんな仕事でもそうですが、人数が増えるほどスピード感は遅く効率も悪くなる。もちろん、いいこともたくさんありますが、何かを短時間で作り上げる時は少人数であるほどハンドリングは軽く無駄がない。特に現場では。 

If there are people around me at that time other than anglers, be sure to reflect. It will make an effort to escape so as not to reflect on the picture in accordance with my movement but to escape from the speed of the camera which I move is impossible unless it jumps into water, so be sure to reflect it I will excuse you. Of course, that cut is a part. So one person is good. As with any job, as the number of people increases, the speed feeling is slower and the efficiency gets worse. Of course there are lots of nice things, but when you make something in a short time the handling is light and futile as the smaller the number.Especially in the field.


地磯歩きや渓流での危ないところを長時間歩く時のみバックパックタイプのカメラバックを使用しています。機材は限定されますが、岩を登ったり降りたり、時にはロープを使うこともあるので、できるだけ両手を空けておきたいから。I use backpack-type camera back only when walking for long periods of walking and dangerous places in mountain streams. Although the equipment is limited, climbing and getting out of the rock, sometimes using rope, so we want to keep both hands as much as possible.

この世界に入ってから、ずっと愛用しているpatagoniaのグレート・ディバイダー。カメラバッグとして使用している。初代から使い込んでいるが、これ以外には考えられないアイテム。1度、沖磯での撮影時に磯の一番上(水面から約6m)にいるにも関わらず1発の大波が胸まで駆け上がってきた。その時にこのバッグが流されてしまった。チャックをきっちりしていたためバッグは浮き、救出することができた。Since entering this world, patagonia ‘s great divider that I’ve been patronizing for a long time. I use it as a camera bag. It is worn out from the first generation, but items that can not be thought of other than this. One time, one wave of great waves came running to the chest, despite being at the top of the iso (about 6 m from the surface of the water) when shooting at Oki Island. At that time this bag was washed away. Because the chuck was tightly closed, the bag floated and could be rescued.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です