逆光、斜光線でしか撮れない画

 普段のスチール撮影では、企画と場所が決まった段階である程度、撮るもののイメージをします。そして、レンズや装備を用意します。「何を撮るか」という絞り込みをするのですが、イメージは現場の環境で大きく左右します。例えば、ウエーディング撮影をイメージしていても増水で無理だったり、水中のカットがほしくても曇天で光量がたりなくていい写真が撮れそうにない時など、イメージしたすべてが撮れないことはよくあります。

In ordinary steel shooting, at the stage when the planning and place are decided, to some extent, we will imagine images of things to shoot. And prepare lenses and equipment. We focus on “what to shoot”, but the image largely depends on the environment of the site. For example, even if you are imagining wading photography, it is impossible for water to increase, or even if you want a cut underwater but it is not cloudy and there is no light intensity so you can not take a good photo, often it is impossible to take all the imagery There is.

もちろん、編集部からのリクエストカットがあれば、危険な状況以外では撮る努力をします。結果が格好よくなくてもです。僕は基本的に自然光で撮り切ります。撮り切るというのは、自然光があるぎりぎりまでストロボを極力使わないということです。自然光にこだわるのは、オーガニックなものを生で食べるように、素材の美しさや強さを損ねてしまうからです。ですので、逆光であっても日中シンクロ撮影は絶対にしません。

Of course, if there is a request cut from the editorial department, I will make efforts to take pictures outside the dangerous situation. Even if the result is not cool. Basically I shoot with natural light. To shoot is to use the flash as little as possible to the very edge of natural light. The reason for sticking to natural light is that it will hurt the beauty and strength of the material, like eating raw organic food. So, even in backlighting, absolutely do not shoot daytime sync shooting.

僕の写真を観てもらえると気が付く方もいると思いますが、多くの場合が逆光、もしくは半逆光で撮影しています。でも、多くの方が気付いていないということです。それは逆光を逆光らしくなく撮影をするケースが多いからです。それはただ、影の部分が潰れていないというだけのことです。もちろん、黒く潰して撮影することも好きです。僕はその斜光線の魅力に取り憑かれたままです。美味しい光があると、夢中になって撮ってしまうほどです。それほど逆光には美しく写真に強力なパワーを与えます。

I think that some people may notice that I can see my pictures, but in many cases I shoot in backlighting or half backlighting. But that means that many people are unaware. It is because there are many cases in which photography is performed without backlit like backlight. It’s just that the shadow part is not collapsed. Of course, I also like shooting with crushing black. I remain obsessed with the charm of that oblique ray. With delicious light, you are crazy about taking pictures. Being beautiful for backlighting so much gives power to the photo powerfully.

釣りの撮影はナイトゲームも多いので、ストロボは多用します。完全なる真っ暗闇ではストロボなしでは撮影はできません。迫力ある写真は撮れますが、美しさには欠けます。何かがひとつ欠けると人間は目が冷めます。つまり、集中力が切れるということです。最初からその状態だと、もう観てもくれないでしょう。引き込む力のない作品をつくることは無駄な努力です。

There are also many night games for fishing shooting, so I often use strobes. In perfect darkness it is impossible to shoot without a strobe. You can take powerful pictures, but it lacks beauty. If something goes missing one’s eyes will cool down. In other words, it means that you will lose concentration. It will not be seen anymore if it is in that state from the beginning. It is useless effort to make a work without power to retract.

ナイトゲームはナイトゲームの魅力があります。僕も長年、あらゆる状況でナイトゲームを撮影してきました。釣りとしての面白さはあるのは事実ですが、作品としての美しさを表現することは難しいものです。でも、常夜灯や街の明かりが少しでもあることで状況は一変します。

Night games have the charm of night games. For many years I have taken a night game in every situation. It is true that there is interest as fishing, but it is difficult to express the beauty as a work. However, the situation will change completely as there are even lights of the night and the city lights.

動画もまた同じことが言えます。スチール撮影の時もそうですが、シャッターを押す回数は斜光線の時間帯の方が圧倒的に多い。理由は僕の大好きな逆光という状況があるからです。それは美しい写真が撮れるから。これは動画ほど顕著に現れます。

The same can be said for movies. Although it is also in the case of still photography, the number of times the shutter is pressed is overwhelmingly larger in the time zone of oblique light. The reason is that there is a situation of my favorite backlight. Because it can take beautiful photos. This is more prominent than animation. ■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です