これまで釣り分野の写真でも、決定的瞬間というカテゴリーに長年こだわってきたんですが、意図的にその狭い部分をモノにできるようになると、人間という生き物は厚かましくも刺激を失ってしまうんですね。厚かましいと表現したことには理由があります。シャッターチャンスというのは、捉えられない初期段階ではとても難しいミラクル的なタイミングなのですが、狙って撮れるようになると吸い込まれるような感覚で撮れるようになる。何かの力が働いて、まさに導かれたように撮れるような気さえする。頭が瞬間的に真っ白になる状態。ほんの一瞬ですが「撮れた」と感じる「無」の瞬間です。「撮れた」と思っているから「無」ではないかもしれませんが、撮ることだけに集中力がマックスになるタイミングです。そのときだけは、協力してくれているアングラーともシンクロしてる気がします。点と点で重なるイメージです。

Pictures of fishing that I have taken over 20 years. I’ve stuck for decades at decisive moments for many years, but I became able to shoot that narrow part intentionally and lost my stimulation “boldly”. There is a reason for expressing it as “bold”. A shutter chance is a miraculous timing when it is a newcomer who can not take a picture, but it will be possible to take in as sucked in as soon as you can take aim. Something’s power is working. I feel like I can take photos just as guided by God. A state in which the head momentarily turns white. A moment of “nothing” that I feel “I was able to take” although it is just a moment. It may not be “nothing” because I think “I could take”, but it is the timing when my concentration skill becomes the culmination of taking only taking pictures. Only then is the feeling that it is synchronizing with the angler who is cooperating with the shooting. It is an image which overlaps with a point.

 デジタル時代に入って十数年が経過した。その間、新しい機材(ボディー)が登場する度に決定的瞬間のイメージは1歩も2歩も前へ進んだ。決定的瞬間といっても、それは偶然ではなく、すべては撮る前にイメージ済みだ。そうでないと狙えないから。撮影とは、そのイメージを具現化する作業をしているだけだ。デジタルだとすぐにモニタで確認できるが、フィルム時代は当然、無理だった。でも、どう撮れているかはミスしない限り分かっているものだ。

Ten years have passed since I entered the era of digital cameras. Meanwhile, every time a new camera appeared, the image of a decisive moment advanced one step or two steps. Even if it is a definite moment, it is not a coincidence, it is already imaged before taking a picture. Because it can not be aimed otherwise. Shooting is just working to embody that image. Although it can be confirmed on the monitor as soon as digital it was impossible for film age. But, I do not know how to take it unless you make a mistake.

 機材の進化がそのイメージを超え、新たな世界を教えてくれるケースが稀にある。新たなイメージを見せてくれるおかげで、さらに違ったイメージができるというわけ。そこが自分の進化点だった。でも、秒間16コマの時代に入って、さらに切り込んだ世界が少し見えたが、大きな1歩ではなかった。レンズやシャッター速度などアレンジしても「発見」というほどの進化が見れなくなってしまった。チャンスを捉えるタイミングをズラしても新しい発見がないのだ。

There are rare cases where the evolution of equipment transcends its image and teaches a new world. Thanks for showing me a new image, I can make a different image. That was my point of evolution. But, as we entered the era of 16 frames per second, we saw a little more cut world, but it was not a big step. Even if arranging lenses and shutter speed etc, I could not see the evolution of “discovery”. There is no new discovery even if the timing is changed to capture the opportunity.

ひとつ付け加えておくと、決定的瞬間とは決してカメラの性能である秒間では決まらないということ。例え、1コマしか撮れない機械式のカメラでも秒間16コマのカメラでもワンフレームに収める瞬間は一緒だ。むしろ昔は決め撮りだった。そして勘違いして欲しくないのが、連写すれば撮れると思うことだ。僕は連写を多用するので、カメラが撮ってくれていると思っている人もいるようだが、それは大きな間違いだ。シャッターを押すタイミングが少しでもズレると撮りたい1カットは撮れない。そう、狙っている本命は常に1カットだ。その前後のまだ見ぬ新世界を期待して、狙っているタイミング合わせて連写している。前述した「タイミングをズラしても新しい発見がない」というのは、そういうことだ。 

One thing to add is that the critical moment is never determined by the camera’s performance in seconds. For example, even with a mechanical camera that can capture only one frame, the moment the digital camera of 16 frames per second can fit in one frame is the same. Rather, it was decided taking a picture in the past. And I do not want you to misunderstand that you can take decisive moments if you shoot sequentially. Because I often use continuous shooting, there seems to be some people thinking that the camera has taken, but that is a big mistake. If you miss the timing of pressing the shutter, you can not take 1 cut to shoot. Yes, the target I’m aiming is always 1 cut. Before and after its favor, expecting the unexpected new world, we are taking sequential shooting with the timing that we are aiming for. That is what “mentioned above” there is no new discovery even if the timing is shifted. “

これは、地球規模での質量の大きさや、それに対する重力と同じなのだろうか。決定的瞬間という「止める作業」に関しては、ある種の限界点に達した気がした。魚が跳ねたり、水面へ捕食するために飛び出したり、反転して尾びれを降ったりした時のそれらの動きや連動する水しぶきや水滴は、人間が行うスポーツシーンやモータースポーツシーンよりも速い。被写体との距離が近ければ近いほど、フレーム内の速さは増す。いろいろ検証したが、僕の撮影スタイルでは、これ以上の機材の進化があっても、見れる光景は一緒だと感じた。

Is this the same as the mass of the mass on the global scale and the gravity against it? Regarding “stopping work” of a definite moment, it felt like reaching a certain limit point. Those movements, linked splashes and water droplets when the fish jumps, jumps out to predetermine to the water surface, flips over and rebounds are faster than the sports scenes and motorsports scenes that human beings perform. The closer the distance to the subject, the faster the speed within the frame. Although I examined various things, in my shooting style, I felt the sight that I can see is the same even if there is more evolution of equipment.

そこで、新しい世界を見たいがために「止める」こだわりを一度捨てようと思い、ムービーにトライしてみた。スタイルは一眼レフのまま。撮りっぱなしはしない。狙って撮るスタイルはそのままで、違う世界が見えてくるはず……と信じて。同じファインダーを覗いていて、まだ新しい発見はないけれど、ムービーというスタイルが変わっただけで「現場で学ぶ」という思いもよらない初心に戻れたことが衝撃的だった。これまで点と追う作業だった撮影から、立体的にストーリーを追う作業に変わり頭を使う部分も視界も変わったことの新たな状況。これまで3000回近くフィールドに出ているけれど、まさかこんな経験を再びできるとは思わなかったので驚いた。もちろん、これからもこれまで通り写真も撮り続けて決定的瞬間は追い続けていきますよ。何か見つかるといいな。

So I thought about throwing away the commitment to “stop” in order to see a new world, tried a movie. The style remains single-lens reflex. I will not take a picture. Believe that the different world will be visible as it is, with the aiming shooting style intact. While looking into the same viewfinder, there is no new discovery yet, but it was shocking to be able to return to an unexpected beginner of “learning in the field” just because the style of the movie changed. A new situation that the photograph which was a work to follow up with so far changed from work shooting the story in three dimensions and the part using the head and the sight changed. I have been in the field 3000 times so far, but I was surprised because I never thought I could do such an experience again. Of course, I will keep taking photos as usual and keep chasing crucial moments. I hope to find something.■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です